対話システムを作りたい!【準備編1】

Apr 1, 2016   #NLP  #対話システム 

2016年はVRとか流行りそうで、仮想空間での生活を妄想してしまう今日このごろ。 でも、今のままだとNPCがちゃんと自然に会話してくれない気がして微妙なんですよね。。。そこで、既存技術の延長で、どれくらいの日本語対話が可能か、ちょっと自分でも作ってみたくなりました。

自然言語処理をちゃんと勉強したことはないけれど、脳型情報処理アプローチでいくとしたら、結局はベクトル時系列データの処理なのかな?って思います。とりあえず、色々試してみましょう。

たぶん、進め方はこんな感じ。

  1. 単語のベクトルデータ化(言語コーパス?)
  2. 対話データのベクトル時系列データ化(対話コーパス?)
  3. 会話時系列データにおける応答時系列データの予測学習
  4. 学習結果を用いた対話システム構築

というわけで、今回は1の言語コーパス作成について。単語を入力とし、N次元ベクトルに変換することを目標。似たような単語は近くに配置されるような変換が好ましい(分散表現だ!)。

言語コーパスをWikipediaの記事から作成

wikipediaの日本語記事をダウンロード

$ curl -O http://dumps.wikimedia.org/jawiki/latest/jawiki-latest-pages-articles.xml.bz

mecabをインストール

単語の分かち書きへ変換するためのツールです。macならbrewでインストール可能。

$ brew install mecab
$ brew install mecab-ipadic

新語用辞書をインストール

最近の単語は、brewでインストールされた辞書には含まれていないので、新語に対応した辞書に更新します。

$ git clone --depth 1 git@github.com:neologd/mecab-ipadic-neologd.git
$ cd mecab-ipadic-neologd/
$ ./bin/install-mecab-ipadic-neologd -n   # 辞書updateも同じコマンド
$ echo `mecab-config --dicdir`"/mecab-ipadic-neologd"  # 実行時指定のパスを調べる
/usr/local/lib/mecab/dic/mecab-ipadic-neologd

(参考)新御用辞書有無を確認

$ pip install mecab
$ python
In [1]: import MeCab
In [2]: mecab_org = MeCab.Tagger("-Owakati")
In [3]: mecab_new = MeCab.Tagger("-Owakati -d /usr/local/lib/mecab/dic/mecab-ipadic-neologd")
In [4]: print mecab_org.parse("電力自由化がはじまる")
電力 自由 化 が はじまる
In [5]: print mecab_new.parse("電力自由化がはじまる")
電力自由化 が はじまる

なんとなく最近ニュースとかで出てくるような単語を分かち書き出来ている(気がします)。

wikipediaを分かち書き

各単語に分かち書き変換します。

HTMLタグとかを取っ払って文章だけに変換

$ echo 'gem "wp2txt"' >> Gemfile
$ bundle
$ bundle exec wp2txt --input-file jawiki-latest-pages-articles.xml.bz
$ ls wp2txt/  # 変換結果
$ rm jawiki-latest-pages-articles.xml.bz # 不要だから消す
$ cat wp2txt/jawiki-latest-pages-articles-* > corpus.txt # 変換結果を一つのファイルに連結

とても時間かかります… 記号除去とかした方が良いのかどうか、今のところ謎です。

新語辞書使って分かち書き

$ mecab -Owakati -d /usr/local/lib/mecab/dic/mecab-ipadic-neologd corpus.txt > corpus_wakati.txt

とても時間かかります…

word2vecによるベクトル化

今後pythonで実装することもあり、gensim使います。

$ pip install gensim

utf-8に変換

しないとword2vecのときに、文字コードについて怒られたので…

$ iconv -c -t UTF-8 < corpus_wakati.txt > corpus_wakati_utf-8.txt

学習

以下のpythonコードを実行します。次元は適当に中程度としました。

$ vi word2vec_train.py
# coding: utf-8
from gensim.models import word2vec
import sys, logging, string, codecs

logging.basicConfig(format='%(asctime)s : %(levelname)s : %(message)s', level=logging.INFO)

# 学習(400次元だと4コアで約3時間...)
sentences = word2vec.Text8Corpus("corpus_wakati_utf-8.txt")
model = word2vec.Word2Vec(sentences, size=400, workers=4)
# モデルの保存
model.save("w2v_model_%d_dims" % dims)

検証

モデルの読み込み

$ pyton
In [1]: from gensim.models import word2vec
In [2]: model = word2vec.Word2Vec.load("./word2vec_models/w2v_model_%d_dims" % 400)

ベクトル空間上で近い単語を探す

動作確認です。

In [3]: most_similar = model.most_similar(positive=[u'サッカー'])[0]
In [4]: most_similar[0]
ラグビー
In [5]: most_similar[1]
0.663492918015  # コサイン距離?

ベクトル取得

このベクトルに対して今後処理していくことになります。

In [1]: vector = model[u'サッカー']
array([  2.69545317e-01,  -1.99663490e-01,   9.52050760e-02,
         2.16732353e-01,   1.97090670e-01,  -1.90409079e-01,
         ...
In [2]: vector.shape
(400,)
In [3]: vector.min()
-0.71880466
In [4]: vector.max()
0.75658286

ベクトルから単語を探す

処理結果のベクトルから単語を復元する手段も確認しておきます。

In [5]: vector[0:10] = 0.0  # 適当に変更
In [6]: for cname in [candidate[0] for candidate in model.most_similar(positive=[vector], topn=3)]:
            print cname
サッカー
ラグビー
フットサル

おわり

ひとまず今回はここまで。単語をベクトル化したことにより、文章をベクトル時系列データとして扱うことが出来、色々な機械学習手法が適用可能になりました。 次回以降色々試してみたいと思います。


おまけ

この時点でも色々作って遊べますね。例えば、以前作った絵文字サジェスト用hubotでは、キーワードに近しい、絵文字キーワードを引っ張ってきて候補を表示してました。Githubとかだと、標準でも絵文字キーワードを入力すると、続きをサジェストしてくれるものの、そもそものキーワードが思いつかなかったりするので、そういうときに便利です :)

word2emoji.jpg